フジクラコンポジット FUJIKURA COMPOSITES

沿革 History

ゴム引布の製造技術を起点に、時代の新しいニーズをとらえ、関連分野・周辺分野で数々の新製品を生み出してきました。

当社は、創業者・藤倉善八の遺志を継承した松本留吉が、1901年(明治34年)に藤倉電線護謨合名会社を創立したことに始まります。藤倉善八の甥・岡田顕三が1896年(明治29年)に渡米し、ゴム引防水布の製造法を取得して帰国。日本で最初のゴム引布工場をスタートさせました。

ゴム引布は、工業用ゴム製品や電気絶縁材料など、今日の市場で流通している多くの商品にも受け継がれており、1世紀以上にわたって社会の発展に大きく貢献しています。

1901年10月
松本留吉により、藤倉電線護謨合名会社を創立、電線事業と引布事業により、電線、ゴム引布防水布の製造を開始。
1910年3月
電線部門とゴム部門を分離、藤倉合名会社防水布製造所を設立。
1917年6月
東京都品川区五反田に五反田工場を開設。
1920年4月
株式会社に改め藤倉工業株式会社を設立。軟式飛行船やパラシュート、飛行機用タイヤ等の製造を手掛ける。
1948年10月
藤倉ゴム工業株式会社に商号変更。
1949年5月
東京証券取引所に上場。
1949年12月
自動車用タイヤチュープの製造を販売開始。
1952年11月
軽登山靴「キャラバンシューズ」を開発。
1953年2月
藤栄運輸株式会社(現連結子会社)を設立。
1955年6月
救命いかだ、救命胴衣製造販売を開始。
1959年4月
大阪営業所(現大阪支店)を開設。
1962年1月
埼玉県大宮市(現さいたま市大宮区)に大宮工場開設。
1969年4月
福島県原町市(現南相馬市)に原町工場開設。
1971年9月
埼玉県岩槻市(現さいたま市岩槻区)に岩槻工場開設。
1972年10月
茨城県勝田市(現ひたちなか市)に勝田出張所(現勝田営業所)開設。
1973年11月
船舶の大型化に伴い垂直降下式乗込装置(シューター)を開発。
1974年5月
炭素繊維を使用したゴルフカーボンシャフトFlyrun(初のオリジナルブランド)の発売を開始。
1985年6月
藤栄産業株式会社(現連結子会社)を設立。
1991年4月
株式会社キャラバン(現連結子会社)を設立。
1994年4月
米国カリフォルニア州ビスタ市にFujikura Composite America,Inc.(現連結子会社)を設立。
1996年4月
中国浙江省杭州市に杭州藤倉橡膠有限公司(現連結子会社)を設立。
1996年5月
スポーツ用品事業部(現スポーツ用品営業部)を東京都世田谷区に移設。
ゴルフカーボンシャフト「Fit on 11 SPEEDER」を発売。スピーダーシリーズの先駆けとなる。
2000年11月
名古屋営業所を開設。
2002年9月
ベトナムハイフォン市にFUJIKURA COMPOSITES HAIPHONG,INC.(現連結子会社)を設立。
2006年5月
米国オハイオ州のIER Fujikura,Inc.(現連結子会社)を子会社化。
2009年7月
米国イリノイ州にFUJIKURA GRAPHICS,INC.(現連結子会社)を設立。
2010年11月
福島県南相馬市に小高工場開設。
2011年1月
岩槻工場内にエンジニアリングセンター開設。
2011年2月
中国浙江省安吉経済開発区に安吉藤倉橡膠有限公司(現連結子会社)を設立。
2011年3月
東日本大震災で原町工場、小高工場に甚大な被害を受ける。小高工場を閉鎖。
2011年9月
本社事業所及びスポーツ用品営業部を東京都江東区へ移転。
2012年3月
韓国ソウル市にFujikura Composites Korea,Co.,Ltd.を設立。
2012年4月
小高工場の代替として、埼玉県加須市に加須工場開設。
2015年5月
米国ニュージャージー州にFUJIKURA GRAPHICS,INC.を移転。
2016年9月
被災企業としての経験を活かし、非常用マグネシウム空気電池を発売。
2017年4月
FUJIKURA COMPOSITES HAIPHONG,INC.に検査棟開設。
2018年3月
中国遼寧省大連市に安吉藤倉橡膠有限公司の大連事務所開設。
2019年4月
藤倉コンポジット株式会社に商号変更。
2020年4月
藤栄産業株式会社(連結子会社)を合併。